Andromeda

アンドロメダの愛

ジェネシス・ヒーリング™では、アンドロメダ系のソウルシステムを持つ人々に作用する光線は現在3種類あります。アンドロメダソウルの特徴や光線の特徴以下にまとめておきます。

アンドロセラフィムの白虹光線

 

地球創成時やその後の地球の二元性の世界で愛の高さゆえに自ら犠牲となることが多かったアンドロセラフィムたち。

 

そのセラフィムの記憶を魂、ソウルシステムに持つ人々に未だ残っている傷やブロックに対して、セラフィム由来の白虹の球体が優しく包み込み、フワフワと羽で撫でるようにヒーリングが行われます。

 

現世でも争いに巻き込まれやすかったり、全体のために自らを犠牲にしてしまいやすい、繊細で優しすぎる人たちのハートの癒しに。

 

白虹のエネルギーが深く細胞レベルまで浸透し、インナーチャイルドを癒し、安心感を与え、自己信頼、自己肯定感を取り戻すよう導きます。アンドロのエネルギーはどれもハートによく効いてくれます。

 

・・・・・

 

 

★アンドロセラフィム

 

太古地球の創成のためにアンドロメダから白い大群となってやってきた魂たち。地球ではセラフィムと呼ばれている。

 

自然界の構築やデザイン、維持などに関わっていた。純粋で奉仕的な性質が強く、創造のためなら自らを犠牲にすることも厭わない超越した愛の持ち主。

 

純粋であることと周波数が高いことから、地球の二元性世界(善と悪、光と闇が存在する世界)では低次エネルギーの争いなどに巻き込まれやすく犠牲になることも多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

アンドロヒューマノイドのグリーン光線

 

周波数が高く、明るく、頭もよくて要領よく生きているためにダメージも受けにくいと思われるアンドロヒューマノイドも、地球人とハートのシステムが違い過ぎることにより、知らない間にハートに不具合を抱えていることが多いようです。

 

そのようなソウルシステムを持つ人々に、システムの違う地球で生きることを応援するような、活性のエネルギーがアンドロヒューマノイドのグリーン光線です。

 

地球の人間にとってのレイキのようなもの。チャクラやエネルギーシステム、オーラの不具合を調整し、活性をもたらします。

 

こちらもハートによく作用してくれます。アンドロ系の人々のハートの調整にも。

 

 

・・・・・

 

 

★アンドロヒューマノイド

 

アンドロメダ銀河にも多様な存在達がいて、セラフィムだけではなく、高い周波数を持ったヒューマノイド型の存在もいるとのこと。

 

物好きなアンドロ人?として地球に旅に来ていたり、研究のために地球を訪れたりしているとか。

 

彼らはとても明るく賢いが、ハートの性質が地球人とは違っていて、それゆえに不具合を抱えることもある。セラフィムのように争いに巻き込まれたり、自ら犠牲になることは少ないが、そのアンテナの高さ、賢さゆえに、知らない間に善ではない目的を持つ他者に利用されてしまうことがある。

 

 

 

 

 

 

 

アンドロのキリスト意識「マイトレーヤ」

 

地球のキリスト意識よりもさらに深く高いアンドロメダのキリスト意識、マイトレーヤ。地球に転生しているアンドロソウルたちの救済のためのエネルギー。

 

パワフルな体感で、人によっては強いと感じることも。深い愛ゆえの強さというか、濃厚さを感じます。

 

マゼンタの光線がたっぷりとハートに注ぎ込まれ、アンドロソウルたちをしっかりと癒し、地球人がいつか帰還するというアンドロメダの周波数へと導きます。

 

・・・・・

 

 

★アンドロのキリスト意識・マイトレーヤ

 

アンドロメダ銀河の愛の源泉、キリスト意識、ロゴス意識が光線として顕現したものをアルガンザ、ジェネシスではマイトレーヤと呼んでいる。